SDGs ロゴ
SDGs 17の項目

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として 、 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず 、 先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり 、 日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちハルノアではこのSDGsの趣旨に賛同し、下記のアクションより貢献してまいります。

健康・長寿の達成

・データヘルス改革の推進

・国内の健康経営の推進

高齢化社会において、尿もれは症状に悩む方ご自身の活動範囲を制限し、またご自身のみならず周囲で介護する方々のQOLにも大きな影響を及ぼす課題です。

ハルノアは、尿と骨盤底筋群の状態をセルフチェック・記録できるアプリの開発と運営を通じ、セルフケアのサポートを実施してまいります。

また、尿もれにまつわる基礎知識・骨盤底筋群の機能向上の解説を軸とした情報の発信、尿もれの実態調査とその分析結果の発信を行うとともに、一般の方々が参加できるお悩み相談イベントや啓蒙イベントを積極的に主催・共催し、いつまでもイキイキと皆が活動できる社会の実現に貢献します。

株式会社ドリーム
produced by 株式会社ドリーム

PAGE TOP