知っておきたい尿漏れパッドのデメリット 

皆さん こんにちは。
harunoa運営者であり、尿もれ研究家の前川竜希です。

週に2回以上尿トラブルがある場合、不安で毎日尿漏れパッドを使用するのではないでしょうか。

尿漏れパッドを毎日利用するようになると気になるデメリットとして、コストと使用によるストレスが挙げられます。

今回の記事では、毎日使用する尿漏れパッドの悪影響についてご紹介致しますので、ぜひ最後までご覧ください。

尿漏れパッドはあなたにとって良い影響と悪い影響のどちらを与えていると思いますか?

不意に尿トラブルに見舞われたとき、下着への心配や匂いといった不安から守ってくれるのは尿漏れパッドやライナーです。
こういった衛生用品を使用していないと衣服が濡れてしまい、大変なことになってしまいます。

普段からパッドをつけておくと、万が一のときでも安心できるので、 日常生活における不安は随分と軽減されます。
しかし、尿漏れパッドの機能は、あくまでも漏れてしまった尿を吸水することであり、尿漏れそのものを予防・改善するものではありません。
つまり、使用を続けても尿漏れが改善することはないということです。

不安をぬぐうために毎日利用することが習慣になると、着けないことが不安になってしまい、漏れない身体をつくろうとする意識は薄らいでしまいます。
パッドを毎日使用することが、逆に尿漏れすることを諦めてしまうきっかけになっているというデメリットもあるのです。

次に尿漏れパッドの機能的役割と感情的な効果について詳しくご説明します。

尿漏れパッドの役割とは?

①機能的役割について

尿漏れパッドはその名の通り、吸水パッドです。

これは生理用のナプキンとは違い、機能面で優れているポイントがあります。

・吸水量が多く、速乾性、匂いのケアがしっかりしている

尿漏れは量が多く、水分が多いので、その分赤ちゃん用の吸水オムツに使用されるポリマーを配合している製品があるほど吸水速乾に長けた製品が多いです。

また、匂いもアンモニア臭を吸収するような機能があります。生理ナプキンと尿漏れパッドは用途が違うので代用が難しく、人によっては両方着用するということもあります。

②感情的な役割について

続いて尿漏れパッドを着けることによる感情的な役割についてご紹介します。

・いつ漏れても良いという安心感

いつ漏れるか分からないので、パッドをしている安心感は何にも代えがたい存在です。

漏れてしまったときは、周りへの匂いはどうか?どこかに着いていないか?どうして出てしまったのか?という様々な感情が入り乱れます。
パニックになってしまうと言っても過言ではありません。

それをこのパッドをつけるだけで解消されるので、とても必要なことになります。
しかし、その代えがたい安心感に依存してしまい、パッドを外した生活を考えなくなってしまいます。
パッドを着用する習慣が心理的にもついてしまうのです。

尿漏れパッドのデメリットについて

・金銭的なデメリットについて

ここで触れておきたいのことがコストです。

尿漏れは放っておいても自然治癒することはありませんので、尿漏れパッドを一度着用すると必然的にそのまま利用し続けることになります。

着用頻度も増加し、吸水量も増えていってしまう可能性がありますので、そうなると尿漏れパッドの単価は上昇していきます。

例えば、1枚30円相当の尿漏れパッドを毎日使用した場合、年間コストは1万円となりますが、量が多くなると1枚50円にも増加してしまいます。

尿漏れの頻度別に詳しくコストをまとめた記事もありますので、宜しければご覧ください。

・肌にあたえる影響について

尿漏れパッドを毎日着用することによって、肌へのストレスは増していきます。

できるだけストレスの少ない自然素材のコットン100%や布製のパッドをオススメしますが、それでも毎日利用することによって、痒み、かぶれ、ジメジメといったストレスに見舞われます。

そして、トイレにすぐに行けない場合はトイレにはいるまで吸水後のパッドを着用し続けないといけません。
こういった肌への負担もあるのです。

・精神的な自律を妨げる

尿漏れパッドを使うことによって、漏れても平気という安心感があるのは上記でご説明しましたが、その安心感に頼り切ってしまうと、漏れてはいけないという危機感や自律心をだんだんと弱くしてしまうのです。

尿漏れパッドは解決策ではありません。
一過性の物と割り切って、しっかり身体と向き合う必要があります。

しかし、多くの人は尿漏れパッドを使い続けることに慣れてしまい、習慣として受け入れているのが事実です。

尿漏れパッドを卒業する方法

ここで、尿漏れパッドを卒業する為の具体的な方法を2つ紹介いたします。

まずは尿漏れの原因を知りましょう。

・クシャミや咳をしたり、大声で笑ったときに漏れてしまう
・走ったり、急に立ち上がったり、重い物を持ったときに漏れてしまう
こういった症状があてはまる場合は主に骨盤底筋トレーニングが有効です。

・急な尿意を感じて、間に合わないでもれる
・1日に8回以上トイレに行ってしまう
こういった症状があてはまる場合には膀胱トレーニングと骨盤底筋トレーニングの併用が有効です。

骨盤底筋は加齢や出産で衰えてしまいます。
それによって内臓を支える力が弱くなってしまい、下垂した内臓が膀胱を圧迫するようになってしまいます。
また、骨盤底筋は尿道を引き締める筋肉ですが、力が弱くなるとしっかりと我慢することが難しくなるのです。

膀胱が原因の場合は、膀胱が過敏に反応している可能性があります。
本来は溜められる尿の量が溜まる前に膀胱から押し出そうと過敏に反応してしまうのです。

骨盤底筋や膀胱は、筋肉ですので、たとえどれほど傷ついたり衰えていようと、何歳からでもトレーニングによって本来の役割を鍛えることができるのです。

それぞれのトレーニング方法についてお伝えします。

①骨盤底筋トレーニング
頻尿の対策には骨盤底筋トレーニングも併用することをお勧めします。
骨盤底筋がしっかり使えるようになると、たとえ尿意を感じてもしっかりと我慢することができるようになります。
骨盤底筋を鍛えると、姿勢の維持や下腹まわりのダイエットやヒップアップなど、良い影響ばかりです。
この筋肉を上手に鍛えることで毎日の歩行や、階段の昇り降りも楽になります。
決して過度なトレーニングではないので、毎日継続して行いましょう。

根本的に尿漏れを予防、改善する為には、骨盤底筋をしっかり鍛えることが必要です。
トレーニングは立って行うのが基本です。
体全体の力を抜いて、背すじをまっすぐに伸ばします。
1)肛門を締める
まず、おならを止めたり便を切ったりするようなイメージで肛門に力を入れて締めます。このとき、骨盤底筋は、後ろ(背中側)から前(おなか側)に向かって動きます。
2)膣・尿道を締める
次に、膣・尿道をキュッと締めます。排尿している途中で尿を止めるようなイメージで行うといいでしょう。すると、骨盤底筋は、前から後ろに向かって動きます。
3)骨盤底筋を中に引き込む
最後に、骨盤底筋を上に引き上げます。腹式呼吸を行いながら、頭の上にしぼみ上げるようなイメージで引き上げます。

骨盤底筋トレーニングの良いところは、身体に極端な負荷を与えないのでいつでもどこでも出来る点です。
1回あたり5分を1日3回から始めてください。

骨盤底筋には、我慢する力と、引き締める力があります。
それらの2つの筋肉の鍛え方をまとめた記事も参考にご覧ください。

①膀胱トレーニング
膀胱も筋肉の1つなのでトレーニングによって何歳からでも鍛えることができます。
とてもシンプルなのですが、尿意を我慢することで膀胱は鍛えられていきます。
最初は便座に座ってからオシッコが出るのを我慢します。
それができるようになると次に、トイレに行くことを我慢しましょう。
3分程度から始め、5分、10分と我慢する時間を伸ばしていきます。
1ヵ月程度で30分くらい我慢できるようになることを目指しましょう。
膀胱にオシッコが溜まった感覚を意識させるのです。
これが出来るようになると、トイレへの心配や不安が解消され、気持ち的に楽になります。

こちらにも詳しくまとめましたのでご覧ください。

※今すぐ尿漏れパッドを卒業しましょうということではありません。

トレーニングですぐに尿トラブルが解決するかというと、そうではありません。
一般的には半年とも言われています。
ですのでトレーニングを始めてもしばらくは尿漏れパッドは必要となります。

誤解を招くようなお伝えをしてしまったかもしれませんが、尿漏れパッドを今すぐ外してくださいということでは決してありません。

そしてトレーニングを毎日することが難しく、継続して行うことができない方が多いのも理解しています。
それくらい日ごろの生活に新しいトレーニング習慣を取り入れることはとても難しいのです。

一方、これだけはしっかりお伝えしておきたいのですが、尿漏れは放っておいても自然治癒することはありません。
改善に向けてなにか一歩を踏み出す必要があるのです。

原因である骨盤底筋や膀胱は筋肉です。
意志があれば何歳からでも鍛えることができます。 
ハルノアと一緒にその一歩を踏み出しましょう。

>>漏れない身体づくりに1回5分、自宅でできる骨盤底筋ツールの詳細をまとめました。骨盤底筋トレーニングをどうすれば良いのか分からない方や、不安な方は「ハルノア キュットブルオリジナル」を利用することも検討しましょう。こちらからご覧ください。

尿漏れパッドに頼り続ける生活にサヨナラしましょう

いますぐでなくて結構です。

大切なのは未来の約束です。

現在、毎日使用しているという方は、長時間の移動が気になるときにだけ使用することを目指しましょう。

尿漏れパッドを着けずに外出することをイメージしてみてください。
いつ漏れるのか心配する必要はありません。
なぜなら、あなたの身体は骨盤底筋トレーニングによって内側から健康的で若々しく整っています。
そして、そんな自分をきっと誇りに思うことでしょう。

人生は100年時代を迎えました。
最後まで健康的に生きるために、必要な行動をとりましょう。

ハルノアはあなたの一歩をサポートします。
背中を押すのはハルノアです。

関連記事

  1. 大声で笑ったら尿漏れ・・・ そうなる前にやっておきたい3つの…

  2. 40代女性の言えない悩み 骨盤底筋が解決できる3つの理由

  3. 50代からの急な尿漏れは老化のサイン?女性特有の原因と対策を…

  4. “トイレを済ませておく”は間違いだった?トイレ回数に比例する…

  5. 女性のライフステージと身体の変化について

  6. 追加開催!7日間骨盤底筋コミュニティを実施します

株式会社ドリーム
produced by 株式会社ドリーム

PAGE TOP