職場で尿漏れしないように、改善方法を知りましょう

皆さん こんにちは。
harunoa運営者であり、尿もれ研究家の前川竜希です。
尿漏れは誰にでも起こりうる症状です。

そして、尿漏れする場所をコントロールすることはできません。
例えば、外出先やお店の中、職場でも尿漏れをする可能性はあります。
今回のお話は、自宅の中ではなく、そういった外出先で尿漏れしてしまう場合に知っておきたい対処法を記載していますので、ぜひ最後までご覧ください。

まさか私が尿漏れするなんて、、

座っていたときは何も感じていないのに、急に立ち上がった時に下着が突然濡れてしまい「何?」とパニックになったら、尿漏れしていました。

尿漏れ経験者インタビューより

これは以前に尿漏れ経験者へインタビューを行ったときのコメントです。
普段は尿漏れをしておらず、初めての経験が職場だったそうです。
初めて尿漏れをしてしまった場合、その現象が理解できず、パニックになってしまいます。
このように尿漏れがおこるタイミングは突然やってきます。

職場や外出先で尿漏れするタイミングは?

では、どのようなタイミングで漏れてしまうのでしょうか。

  • 椅子に座っていて、急に立ち上がったとき
  • 重いものを持ち運んだとき
  • クシャミや咳をしたとき
  • ふいに走ったとき
  • 大声で笑ったとき
  • 水の音を聞いたり、触ったりしたとき

上記のようなときに漏れてしまう場合が多いです。
これらはけっして特別な機会ではありません。日常生活でいつでも経験します。
とくにお腹に力がはいったときに漏れてしまったり、水の音やトイレを連想するものをイメージしたときにも漏れてしまうということもあります。

尿漏れは突然始まるように感じますが、実はそれまでに積み重ねてきた原因があるのです。

尿漏れが起こるメカニズム

尿漏れのおよそ7割は、骨盤底筋の衰えが原因の腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)です。

骨盤底筋とはその名の通り骨盤の底にある筋肉のことで、内臓を支えたり、排泄を補助するという役割があります。

その骨盤底筋が衰えてしっかり働かなくなると尿漏れをしてしまうのです。
そのメカニズムは下記の通りです。

・お腹に力がかかると、膀胱が圧迫される
・膀胱が圧迫され、尿道へオシッコが押し出される
・骨盤底筋が尿道を引き締める力が弱いので、我慢できずに漏れてしまう

尿漏れを改善するためには、骨盤底筋がしっかりと機能して良い状態になっていることが必要です。

次に尿漏れ症状がある方の傾向をまとめました。

こんな傾向があれば危険信号

尿漏れをしてしまう、あるいはその可能性がある人には次のような傾向があります。

その1、年齢が40代以上で運動不足の方

人間の筋肉量は年齢を重ねるごとに減少していきます。女性だと20代をピークに減少していきますが、40代からは減少量が増加します。

運動の習慣がある方は大丈夫ですが、あまり運動をしないという方は筋肉量の減少に抗えずに骨盤底筋はどんどん衰えてしまいます。

その2、更年期をむかえた方

更年期をむかえると女性ホルモンの分泌量が大きく減少します。
女性ホルモンは骨盤底筋にも大きな影響を与えます。
更年期から閉経を迎えると、骨盤底筋は衰えてしまいます。

その3、体重が増加傾向の方

体重が増えると、下腹部まわりのぜい肉が膀胱や尿道を圧迫してしまいます。
尿漏れした場合、ダイエットをすることで改善することがあります。
また増加傾向の方は、運動不足であったり、食生活の改善であったり何かしらの手立てが必要になります。

その4、出産経験がある方

妊娠・出産は骨盤底筋に大きなダメージを与えます。産後は多くの方が尿漏れを経験しますが、1年以内にほとんどの方が改善されます。
たとえ尿漏れ症状がおさまっても、ダメージを受けた骨盤底筋が自然に回復することはありません。
筋肉量が衰え始めたとき、骨盤底筋もさらに衰えてしまいます。

日ごろ持っておきたい持ち物とは?

上記の危険信号にあてはまる方は、念のために日ごろから持ち物を準備しておくといざという時に安心です。
下記の持ち物を用意しておきましょう。

  • 替えの下着
  • 消臭スプレー
  • 尿漏れパッド、ライナー
  • ジッパー付きバッグ

尿漏れしたときに気になるのは匂いです。
消臭スプレーとジッパー付きバッグはセットで持ち歩くようにしましょう。
バス旅行のように長時間の移動を伴う場合は、大人用のオムツを利用するのも安心です。
会社でロッカーを利用できる場合は置き荷物として置いておくのもオススメします。
カバンの中に忍ばせられるようでしたら、コンパクトにまとめておきましょう。

ここで、皆さまにお伝えしたい大切なことがあります。
それは、「尿漏れパッドを着けていても治ることはない」ということです。

尿漏れパッドに頼らない、漏れない身体をつくるには

Human pelvis, Pelvis pain, Medical concept. 3d render

ここまで読んでいただき、生活習慣や加齢によって骨盤底筋が衰えてしまうことはご理解いただけたかと思います。
では、尿漏れしてしまった場合に、どのようにしたら良いのでしょうか?
その方法をお教えします。

骨盤底筋は筋肉です。
筋肉は何歳からでも、どのような状態であっても鍛えることが可能です。
高齢のボディービルダーが証明しているように何歳からでも筋肉は鍛えることでしっかりと機能します。

それでは、骨盤底筋の鍛え方についてご説明します。

トレーニングは立って行うのが基本です。
そして、腹式呼吸を行いながらできるとより効果的です。

体全体の力を抜いて、背すじをまっすぐに伸ばします。

1)肛門を締める
まず、おならを止めたり便を切ったりするようなイメージで肛門に力を入れて締めます。このとき、骨盤底筋は、後ろ(背中側)から前(おなか側)に向かって動きます。

2)膣・尿道を締める
次に、膣・尿道をキュッと締めます。排尿している途中で尿を止めるようなイメージで行うといいでしょう。すると、骨盤底筋は、前から後ろに向かって動きます。

3)骨盤底筋を中に引き込む
最後に、骨盤底筋を上に引き上げます。腹式呼吸を行いながら、頭の上にしぼみ上げるようなイメージで引き上げます。

私たちハルノアは、尿漏れの予防改善に骨盤底筋トレーニングを推奨しています。

ハルノアが運営しているLINEアプリキュットちゃんでは、尿漏れに悩む利用者が集う匿名のコミュニティを形成し、そこで定期的なエクササイズの配信も行っています。
骨盤底筋トレーニングを14日間続けたところ、尿漏れが改善したという結果もありました。

>>骨盤底筋アプリ「キュットちゃん」について詳しくしりたい方はこちら

骨盤底筋を科学的にトレーニングできる最新ツール

骨盤底筋トレーニングがいかに尿漏れの予防に役立つかはご理解いただけたことと思います。
ですが、骨盤底筋のセルフトレーニングには課題もあります。

  • 骨盤底筋をどうやって動かすのか分からない
  • 骨盤底筋トレーニングが正しく出来ているのか分からない
  • 骨盤底筋トレーニングの効果があるのか分からない

コミュニティでの課題もまさにこの3つがありました。
エクササイズを継続したくてもできないのです。
でも、諦める必要はありません。

この3つの課題を解決するためにハルノアでは産学医連携プロジェクトによって科学的に骨盤底筋トレーニングが行えるエクササイズクッションを開発しました。

女性医療クリニックLUNAグループと広島大学との共同研究によって産まれた骨盤底筋トレーニング補助用具「ハルノアキュットブルオリジナルhttps://harunoa.com/product

日本初の尿漏れの予防改善に特化したブランドであるharunoaは、骨盤底筋トレーニングを誰でもカンタンに継続できるように女性医療クリニックLUNAグループと広島大学との共同研究によってハルノアキュットブルオリジナルを開発しております。

座るだけで骨盤底筋の位置を把握することができ、振動に合わせて引き締め運動をするだけで正しく速筋と遅筋をトレーニングすることができます。
また、どれくらいの力で引き締めているのかを数値で把握できるため、トレーニングの成果を実感しながら継続することができるのです。
さらに、振動は骨盤底筋の筋力を向上させる効果があり、広島大学での研究では27%も筋活動が向上しています。

くわしくは製品紹介ページに記載しておりますので、もしご興味があればぜひご覧になってください。

>>骨盤底筋のエクササイズに最適な「ハルノア キュットブルオリジナル」の詳細はこちら

追伸:
尿漏れを放置しても、決して改善することはありません。
尿漏れすると外出するのが怖くなるくらい心配になります。
しかし、骨盤底筋トレーニングで改善するのです。
でもトレーニングの継続は難しいですよね。
私たちはその難しさを知っています。
私たちの製品は、継続して使い易い仕様を目指しています。
皆様のお役にたてることがあれば、こんなに嬉しいことはありません。
私たちと一緒に、素敵なライフスタイルを目指しましょう。

>>骨盤底筋のエクササイズに最適な「ハルノア キュットブルオリジナル」の詳細はこちら

関連記事

  1. 走った時に漏れる人は要注意 対策は骨盤底筋トレーニング(※6…

  2. 尿もれからの開放

    私は尿もれに悩まない

  3. 骨盤底筋の“引き締める力”と“我慢する力”の2種類の鍛え方

  4. 50代からの急な尿漏れは老化のサイン?女性として知っておきた…

  5. 尿漏れの分れ道 40代からの骨盤底筋エクササイズ

  6. 40代女性の言えない悩み 骨盤底筋が解決できる3つの理由

株式会社ドリーム
produced by 株式会社ドリーム

PAGE TOP