50代からの急な尿意に困ったら諦めない為の対策法を知りましょう

皆さん こんにちは。
harunoa運営者であり、尿もれ研究家の前川竜希です。
尿漏れは誰にでも起こりうる症状です。
尿漏れが起こった場合、正しい情報を把握することで心配を減らすことができます。

今回の記事の内容は以下の方におすすめの内容となっております。

  • 50代になってから急な尿意に困っている方
  • くしゃみをしたり、縄跳びを跳んだり、立ち上がった時に尿漏れをしてしまう方
  • トイレの回数が多く、困っている方

急な尿意の原因は“骨盤底筋”と“膀胱”にあるのです

とつぜん尿意をもよおして漏れてしまった場合、膀胱がいきなり反応してオシッコを押し出してしまい、骨盤底筋が使われずに我慢ができなくて漏れてしまうことが考えられます。

膀胱がいきなり反応するというのは、膀胱が何らかの原因によって、オシッコを通常通り溜めることができず、少し溜まっただけでオシッコを押し出そうとすることで、これを過活動膀胱と言います。

膀胱が反応し、オシッコを押し出そうとしても骨盤底筋がしっかり機能していれば尿道を引き締めて我慢することができます。
しかし、骨盤底筋が衰えてしまっている場合、押し出されたオシッコを我慢することができずに漏れてしまうのです。

急な尿意を経験すると、いつまた尿意がくるのか心配になってしまい、遠出の外出を控えてしまったり、尿漏れパッドが手放せなくなってしまいます。

50代に尿漏れが出やすい特徴

50代以上になると、2人に1人が尿漏れを経験するとも言われています。
どうしてなりやすいのでしょうか?
理由をお伝えいたします。

更年期による女性ホルモンの低下

更年期をむかえるにあたり、閉経を経験するようになります。
閉経することにより、女性ホルモンは著しく低下してしまいます。
骨盤底筋は女性ホルモンによって守られていますので、ホルモンの低下に伴って骨盤周りは上手に機能しなくなってきてしまいます。

ホルモンの関係性についてまとめていますのでこちらもご覧ください。

加齢にともなう筋力の低下

筋力のピーク年齢は男性で30歳前後、女性では20歳を過ぎたころにやってきます。
適切な運動によって男女共に40歳前後まではピークに近い筋力を維持できるのですが、それ以降は急速に衰えてしまいます。
そして、骨格筋と言われる身体の活動を支える筋肉は、40代半ばから減り始め、50歳頃には多くの人が10%以上も減ってしまうのです。

今さら変えられない生活習慣

尿漏れに影響する生活習慣として
・姿勢の悪さ
・肥満体型
・ビールやタバコなどの刺激物
といったことが挙げられます。
これらの生活習慣は昨日今日でつくられているわけではありません。
50年間という長い年月をかけて蓄積された生活の癖なのです。
これを良い習慣に変えるには非常にエネルギーを費やします、

適切なケアと継続した対策が必要

50代をこえてからの尿漏れは諦めるしか方法がないのでしょうか?
決してそうではありません。
いきなりの生活習慣の改善や過度な運動などは負荷が多く逆効果になってしまいますが、適切なケアと継続した対策を行えば改善することが可能です。

急な尿意が心配な場合はまずは尿漏れパッドを使用し、不安を拭い去るようにしましょう。
必要な衛生用品もご紹介いたします。

・替えの吸水ライナー、または下着
・消臭スプレー
・ジッパー付きバッグ

尿漏れした時に気になるのは匂いです。
周りへの配慮も必要ですので、消臭スプレーはセットで持ち歩くようにしましょう。
長距離の移動で尿漏れや夜中のトイレが気になる場合は、本格的な尿漏れパンツもおすすめします。移動中に何かあってもあわてずに対処することができます。
長時間着用するとムレてしまい、ムズムズしたり痒くなったりしますので、定期的に交換するようにしてください。

何歳からでも諦めないための対策法

尿漏れパッドは安心ですが、尿漏れを改善するものではありません。
筋力は何もしないと年々衰えてしまいますので、放っておくと尿漏れは益々悪化します。
人生100年時代です。
残りの半世紀を健康的にむかえる為に、尿漏れに負けない身体をつくりましょう。
ここでは、負担のない筋力トレーニングをいくつかご紹介致します。

膀胱トレーニング

急な尿意の原因である膀胱をトレーニングして鍛えましょう。
膀胱も筋肉の1つなのでトレーニングによって何歳からでも鍛えることができます。
とてもシンプルなのですが、尿意を我慢することで膀胱は鍛えられていきます。
最初は便座に座ってからオシッコが出るのを我慢します。
そして、トイレに行くことを我慢します。
3分程度から始め、5分、10分と時間を伸ばしていきます。
1ヵ月程度で30分くらい我慢できるようになることを目指しましょう。
膀胱にオシッコが溜まった感覚を意識させるのです。
これが出来るようになると、トイレへの心配や不安が解消され、気持ち的に楽になります。

こちらにもまとめましたのでご覧ください。

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋は姿勢の維持や下腹まわりのダイエットやヒップアップなど、鍛えれば良い影響ばかりの筋肉です。
この筋肉を上手に鍛えることで毎日の歩行や、階段の昇り降りも楽になります。
決して過度なトレーニングではないので、毎日継続して行いましょう。

根本的に尿漏れを予防、改善する為には、骨盤底筋をしっかり鍛えることが必要です。
トレーニングは立って行うのが基本です。
体全体の力を抜いて、背すじをまっすぐに伸ばします。
1)肛門を締める
まず、おならを止めたり便を切ったりするようなイメージで肛門に力を入れて締めます。このとき、骨盤底筋は、後ろ(背中側)から前(おなか側)に向かって動きます。
2)膣・尿道を締める
次に、膣・尿道をキュッと締めます。排尿している途中で尿を止めるようなイメージで行うといいでしょう。すると、骨盤底筋は、前から後ろに向かって動きます。
3)骨盤底筋を中に引き込む
最後に、骨盤底筋を上に引き上げます。腹式呼吸を行いながら、頭の上にしぼみ上げるようなイメージで引き上げます。

骨盤底筋トレーニングの良いところは、身体に極端な負荷を与えないのでいつでもどこでも出来る点です。
1回あたり5分を1日3回から始めてください。

骨盤底筋には2つの力があります。
我慢する力と、引き締める力です。2つの筋肉の鍛え方をまとめています。

骨盤底筋エクササイズ補助具の利用

女性医療クリニックLUNAグループと広島大学との産学医連携プロジェクトによって共同研究された骨盤底筋エクササイズ補助用具

骨盤底筋のトレーニングで最も難しいポイントが3つあります。
・骨盤底筋がどこか分からない。
・骨盤底筋をどのように動かせば良いのか分からない。
・骨盤底筋トレーニングの効果を感じにくい。
ハルノアが開発した骨盤底筋エクササイズ補助用具の“ハルノアキュットブルオリジナル”は、座るだけで骨盤底筋を意識することができます。
そして、振動中にエクササイズをすることで骨盤底筋の筋力を27%向上させます。
リモコンでは引き締めた力を表示で見ることができるのでトレーニングの難しい3つのポイントをクリアすることができるのです。

製品についてはこちらをご覧ください。

アプリを利用して日常生活に骨盤底筋エクササイズを

無料のLINEアプリキュットちゃんでは楽しみながら尿漏れ予防の情報が見れます

私たちharunoaは、日常生活から骨盤底筋エクササイズや知識や情報の提供の場として無料LINEアプリ「キュットちゃん」を運営しています。
エクササイズ情報や尿漏れ管理などスマホでカンタンに行えるツールとしてご利用ください。
キュットちゃんでは、下記の事項が提供されています。
・骨盤底筋エクササイズの動画配信
・骨盤底筋の正しい知識
・美容と健康の知識の提供
・尿漏れ記録管理機能
・生理、体重の記録管理機能
アプリに関してはこちらからどうぞ。

アプリで紹介されているエクササイズ動画の一例です。


まとめ

50歳を過ぎてから急な尿意にお困りの方は、膀胱と骨盤底筋の2つの筋肉に原因があります。
更年期をむかえると様々なカラダの変化があり、筋力の低下の他にも女性ホルモンの低下といった現象が尿漏れをさらに助長してしまいます。
でも決して諦める必要はありません。
初期であればトレーニングで改善する可能性が高いのです。
膀胱と骨盤底筋をトレーニングして鍛えましょう。
ご自身だけでは感覚が掴めずに難しい場合は、骨盤底筋エクササイズ補助用具などを利用してカラダの機能を確かめてください。
ハルノアでは、皆さん骨盤底筋エクササイズをしっかり行えるように商品とサービスの普及を目指しています。
人生100年時代です。
50歳以降の人生をどのように過ごせるのかはとても大切なことです。
一緒に素晴らしい人生を目指しましょう。

関連記事

  1. 膣トレと尿もれ予防エクササイズの違いをご存知でしょうか?

    「膣トレ」と「骨盤底筋エクササイズ」の違い

  2. 知らない人は要注意!尿漏れの治し方は? 対策は骨盤底筋トレー…

  3. 日本初の失禁改善・予防ブランド「ハルノア」誕生 大学・医療機…

  4. 縄跳びしたら漏れる理由 原因は骨盤底筋のゆるみ 5つの対策方…

  5. 走った時に漏れる人は要注意 対策は骨盤底筋トレーニング(※6…

  6. 尿もれからの開放

    私は尿もれに悩まない

株式会社ドリーム
produced by 株式会社ドリーム

PAGE TOP