下腹ケア
テーマ:下腹ケア

腰と下腹温めでスッキリ

下腹ぽっこり体形に悩む方は、冷え対策が十分でない可能性もあります。

冷えは女性にとっては特に大敵です。下腹には女性の大事な臓器、子宮などの生殖器官が集中しています。冷えると機能が落ちてしまうため、身体は大事な臓器を守ろうとして皮下脂肪を蓄えてガードします。これが下腹ぽっこりを引き起こす一因ともなりえます。

冷えは冬だけの問題ではありません。夏は職場も店舗も、家に帰っても冷房が24時間効いている環境です。外気温が上昇し、熱中症などのリスクが昔よりも高まっているからこそ、冷房が使用されるシーンも時間帯も増えました。そして夏には冷たい飲み物・食べ物を摂取する機会が多くなります。体の外も内も冷えにさらされてしまいます。

下腹ぽっこりが気になる方は、温活に是非取り組みましょう。

下腹までしっかり覆う保温性の高い下着を選び、対面にある腰も冷やさないように注意しましょう。お風呂はシャワーで済ますのではなく、湯船に浸かって温めることも大切です。夏であっても、常温の飲み物を摂り、食事はきちんと熱が通っているものを摂って、内臓を冷やさないように注意しましょう。 骨盤底筋群エクササイズも体幹部の筋肉、インナーマッスルを鍛える意味で大切です。筋肉は使うと熱量を発します。是非温活の一環としても取り組んでみてくださいね。