下腹ケア
テーマ:下腹ケア

靴の使い分けで下腹ぽっこりを解消

普段ヒール靴ばかり履いている、という方、もしくはもっぱらペタンコ靴という方、どちらも体形維持や下腹ぽっこり解消にはあまりおススメできません。

ヒール靴を履き続けている方は、脚の前側ばかりを使い、後ろ側の筋肉が衰えている状態です。バランスを取ろうとして腰が反り、ヒップが突き出たいわゆる出っ尻になります。一見スタイルが悪くなさそうですが、骨盤が極端に前傾し、下腹がぽっこりと出てしまいます。腰も傷めやすく危険な姿勢です。

ペタンコ靴ばかりを履くこと自体は脚への負担は少なく思われます。ただし、足裏の使い方がきちんとできているかどうかによって、体形や脚の健康への影響が変わってきます。

かかとから着地し、アーチ横を通って足指で地面をつかんでけり出す、一連の動きができていれば、膝裏が伸びて脚全体の筋肉を使った歩行ができるため、体形バランスを整えるのに有効です。しかしながら、現代人は足指で地面をつかめない人も多く、偏平足や外反母趾など様々な指の問題を抱えている人も増えています。偏平足でぺたぺたと足裏を着地して歩いていると、膝が曲がったり、とぼとぼとした歩幅の狭い歩き方になりがちです。骨盤が後傾してこれも猫背や下腹ぽっこりの原因となります。

どうしても仕事時はヒール靴を履かなくてはいけないという方は、休日はペタンコ靴でかかとから着地することを意識して歩いてみましょう。ペタンコ靴が多い、という方はかかとから着地することと、足指で地面をつかんでけり出す感覚を意識しましょう。