下腹ケア
テーマ:下腹ケア

座って膝上げ運動で下腹スッキリ!

仰向けの状態で、上半身を起こす、もしくは脚を上げる腹筋運動は、お腹の圧力(腹圧)が一気に上がり、骨盤底筋群を押し下げてしまうリスクの高いエクササイズです。骨盤底筋群がむしろ緩んで衰えてしまう一因にもなり、男性に比べて筋肉量の少ない女性にはあまりオススメできません。

女性向けの腹筋運動は、お腹周りの筋肉をピンポイントで刺激する動きが適しています。ここでは椅子で行える腹筋運動を紹介します。

椅子に座って座面を軽く持ち、目線をまっすぐ保って姿勢を正します。そして膝からゆっくりと左右交互に引き上げる動きを行いましょう。実はこの動き、お腹を縦に覆っている腹直筋という筋肉の下側を刺激すると同時に、大切なインナーマッスルを刺激もしてくれます。それが腸腰筋です。

腸腰筋は、背骨から骨盤の内側を通って大腿骨につながる大腰筋と、骨盤の腸骨から大腿骨につながる腸骨筋を合わせた総称です。この二つは股関節の曲げ伸ばしをコントロールし、脚の振り上げや背骨の腰部分である腰椎の自然なカーブを維持してくれます。姿勢維持に必要な筋肉のエクササイズにもなり、また漢字の通り腸に近い筋肉なので、便秘で悩む方にもオススメです。