下腹ケア
テーマ:下腹ケア

呼吸と骨盤底筋群と下腹

「深呼吸をしてください」と言われた時、あなたは胸から息をしますか?それともお腹から息をしますか?

実は、呼吸の深さ・浅さはぽっこり下腹と関係があります。
一般の方の深い呼吸はお腹から行う「腹式呼吸」です。腹横筋、横隔膜などのお腹周りのインナーマッスルを使って行うため、自然とお腹が引き締まります。体内の巡りが良くなり、リラックス効果があるともいわれています。
浅い呼吸は胸で行う「胸式呼吸」です。横隔膜のみ上下させるため、腹部の筋肉を上手に鍛えることができません。

ピラティスでは、お腹周りのインナーマッスルをまずしっかりと維持するポジションをとって、お腹をへこませてから胸式呼吸を行うので、正しい姿勢、引き締まったお腹を作ることができます。このポジションをちゃんと習得しないで行う胸式呼吸は、お腹周りの引き締めにはつながりません。

いずれの呼吸を行うにしても「深い呼吸」をするためには正しい姿勢維持、骨盤を立てた姿勢を維持することが必須です。骨盤底筋群と横隔膜を水平に保つ姿勢を作って、まずは腹式呼吸を身に着けるようにしましょう。仕事、家事の合間に行うだけでもエクササイズになります。