下腹ケア
テーマ:下腹ケア

骨盤底筋群と下腹の筋肉

下腹ぽっこり体型が気になると、腹筋運動をがんばろう!という考えになりがちですが、その前におなか周りの筋肉、特にインナーマッスルについて正しく理解する必要があります。

インナーマッスルは身体の深い部分に位置する筋肉。おなか周りを取り巻くインナーマッスルは主に4つあります。

・多裂筋(たれつきん):背骨を支える筋肉
・横隔膜(おうかくまく):肺の下で呼吸をコントロールする筋肉
・腹横筋(ふくおうきん):内臓周りをコルセットのように支える筋肉
・骨盤底筋群:内臓周りを下から支える筋肉

これら4つのインナーマッスルがバランスよく働きあって、姿勢を維持し、内臓を正しい位置に維持しているのです。
インナーマッスルが正しく作用していない状態で腹筋運動をしても、表面の筋肉だけ肥大してしまい、下腹ぽっこり解消になかなかつながりません。むしろ下腹が出たまま筋肉でより固くなってしまうという悪循環を引き起こすリスクもあります。