尿もれケア
テーマ:尿もれケア

ホルモンと尿もれ

男女ともに加齢により、尿もれ・頻尿に悩まされる方が多くなります。その原因の1つに加齢によるホルモンの変化があげられます。

一般的に女性は45~55歳の間に閉経を迎えます。閉経すると女性ホルモン「エストラジオール」が減少します。「エストラジオール」の減少は骨密度の低下や動脈硬化などとともに、膣の乾燥感や尿失禁、頻尿や尿意切迫感、排尿困難感、再発性膀胱炎など「閉経後性器尿路症候群(GSM)」という疾患も招きます。

男性は加齢により、前立腺というくるみ大の器官が肥大していきます。前立腺は前立腺液といわれる精液の一部を作り、精子に栄養を与えたり、精子を保護する役割を担っています。加齢により肥大する原因はまだはっきりとは特定されていませんが、男性ホルモンをはじめとする性ホルモン環境の変化が一因と考えられています。

尿道は前立腺の中を通っています。前立腺が肥大すると、尿道が圧迫され、尿がスムーズに出なくなったり、だらだらと漏れ続ける溢流性(いつりゅうせい)尿失禁になりがちです。

男性・女性ともに骨盤底筋群を鍛えることで、急な尿意をがまんできる筋力がついたり、尿を出す力をコントロールする能力の向上が期待できます。ぜひ、泌尿器科での受診・治療とともに取り組み、いつまでもイキイキと活動できる体を維持していきましょう。