尿もれケア
テーマ:尿もれケア

産後のケアは骨盤底筋群から

出産は女性にとって一大仕事。同時に、骨盤底筋群にとっても一大仕事です。
赤ちゃんを10か月育み、狭い産道から出産する負荷で、骨盤底筋群は伸びたり、傷ついたりしてしまいます。

産後はまず、身体をしっかりと休め、栄養補給・授乳に専念するのが大事。その後も体力増強のために過度な運動をするのは危険です。特にお腹周りが気になるからと腹筋運動を行うのは避けてください。

腹筋運動を行うと、お腹の圧力、腹圧が上がります。特に上体を起こす腹筋運動では、下に向かって高い腹圧がかかるため、出産で弱った骨盤底筋群が押し下げられてしまいます。さらなる筋肉の衰えや故障を招きかねません。

産後は、骨盤底筋群に圧をかけず、やさしく引き上げる運動を行いましょう。体形補整はもちろんのこと、妊娠中や産後に悩みがちな尿もれ対策にも最適です。無理のない範囲でゆっくり休みながら行うことが大切です。