尿もれケア
テーマ:尿もれケア

健康な尿の定義

尿は健康のバロメーター。色や臭いなどに様々なサインが含まれています。
健康な尿は、基本的には透明かつ淡い黄色をしています。この黄色には、胆汁や食べ物の色が溶け出しています。

水分摂取量が多ければ色が薄くなります。また、カフェインが多く含まれるコーヒーなどの利尿効果が高い飲み物を摂っても、色は薄くなります。透明な色の薄い尿がたくさん出るようなら、水分の摂りすぎや、カフェインの摂りすぎかもしれません。

色が濃いようなら水分が足りていない可能性があります。夏は汗で水分が出てしまうので、やはり色が濃くなります。喉が渇いたと感じたら水分補給をしましょう。 栄養ドリンクなどはビタミンCが多く含まれるので、色が濃い尿が出ます。

尿に血液が混じる時は要注意です。膀胱炎や尿路結石は背中の痛みや排尿時に痛みを伴いますし、腎盂腎炎は熱が出るので比較的、病気が判明しやすいですが、特に症状がない場合は特に注意を。腎臓や膀胱、尿管のがんなどが疑われるケースもあるので医師の診断を受けましょう。

また、臭いでも体調が分かることがあります。
出したての尿で強いアンモニア臭がする場合は膀胱や尿管の細菌感染の可能性があります。
甘酸っぱい臭いがする場合は糖尿病の可能性も。

毎日の尿の状態を把握することは、体調管理の目安にもなります。ぜひ観察して、健康維持のヒントにしてくださいね。