尿もれケア
テーマ:尿もれケア

太ると漏れる?! 体型と失禁

骨盤底筋群は、支える腹部の内臓・脂肪などの重量がかさみ、過度な負担がかかると伸びて衰えてしまいます。膀胱も圧迫され、容量が小さくなってしまいます。妊娠中に尿もれに悩み始める人が多いのはこのためですが、実は同じような理由で尿もれを招きがちなのが「肥満」です。
太ってしまうと、内臓脂肪、皮下脂肪が増え、腹部の

重量と体積が増えます。すると膀胱を圧迫し、骨盤底筋群も伸びた状態に。
単なる見た目の美しさだけでなく、膀胱と骨盤底筋群を守って尿もれを防ぐために、そしてもちろん内臓や全身の健康を保つためにも、適切な食事量と運動を心がけましょう。

痩せたいからといって激しい腹筋運動を行うのは危険です。一気に力を入れると過度な腹圧がかかるため、骨盤底筋群が腹部の重量で伸び切ったまま、下に押し出されてしまう危険があります。骨盤底筋群そのものを引き締めて、上に引き込むエクササイズをコツコツ行いましょう。連動するインナーマッスルも整い、長期的には体形・姿勢にも良い効果が期待できます。