尿もれケア
テーマ:尿もれケア

正しいトイレのいきみ方

トイレでいきむ時、姿勢を意識したことはありますか?便座の背もたれにもたれて用を足している方、要注意です。

背もたれにもたれて背筋を伸ばした状態でいきむと、骨盤底筋群まで下に押し下げてしまう危険性があります。下がった骨盤底筋群はゆるみやすく、頻尿や尿もれを招きます。

背筋は伸ばしたまま、体を前に傾けて行うのが、正しいトイレでのいきみ方です。骨盤底筋群に余計な負荷をかけず、スムーズな排尿・排便ができます。肛門管の向きと姿勢が一致することで、便を押し出しやすくもなります。

最近では女性の排尿時は膣などに尿がかからないようにすることが、細菌の感染や粘膜の損傷を防ぐために大事だと広く知られるようになりました。デリケートゾーンを守るためにも、前傾姿勢での排尿・排泄を心がけましょう。