尿もれケア
テーマ:尿もれケア

骨盤底筋群と尿もれ

骨盤底筋群の大切な役割の一つに「排泄」のコントロールがあります。

図のように、骨盤底筋群は尿道、女性であれば膣、そして肛門と排泄周りの部位が集中しており、その開閉を行っています。
骨盤底筋群が適度に機能していれば、尿の排出を抑えたることができますが、加齢や出産などで筋肉がゆるみ、筋力が衰えると尿もれを起こしやすくなります。

膀胱の過活動を抑えるような尿もれの対策商品もありますが、根本的な改善とは言えません。
骨盤底筋群は、鍛えれば機能が改善できる部位です。日々のこまめなエクササイズで悩みから解放される可能性があります。