猫背ケア
テーマ:猫背ケア

猫背になりにくい首の使い方

骨盤底筋群の衰えや骨盤の極端な傾きに加え、猫背の原因の1つに、顎が出て首が前に伸びたストレートネックがあります。また猫背だからこそストレートネックが助長されやすいという悪循環を引き起こします。

首の使い方を変えるだけで肩こりや姿勢が改善されることもあります。その時に意識するのが、「どこから曲げるか」です。

スマートフォンやパソコンを閲覧する時、つい顎と首を前に出してかしげがちです。すると首から伸びた背骨自体も前に丸まって曲がり、猫背姿勢を誘発します。

首をかしげるときは耳と耳の間に、ちょうつがいがあるイメージで、曲げるようにしましょう。頭蓋骨と背骨がつながっている位置で曲げるため、背骨自体に大きな負荷がかからず、ストレートネックの予防、猫背予防にもつながります。