猫背ケア
テーマ:猫背ケア

前を向いて歩こう!

良い姿勢で歩こうと意識しても、ついついうつむき姿勢になってしまったり、良い姿勢になっているのか自分ではなかなか確認できなかったりしますよね。
そこで歩くときに2つのポイントは必ず押さえる、と決めて実践してみるのはどうでしょうか。それは「目線」「鎖骨の間」です。

試しに、目線をまっすぐ前にする意識をしてみてください。自然と頭から首、背骨の軸が整う感覚があるかと思います。
目線を下に向けると、背中が丸まった猫背姿勢になりがちです。また、逆に目線を上向きにすると、あごが前に出てしまい、これも猫背姿勢を引き起こしてしまいます。

もう一つ、鎖骨の間に高いペンダントをしていて、それを前に向かって自慢げに見せる意識をしてみましょう。鎖骨が自然と上に引き上がり、首の軸が定まって顎を引いた正しい姿勢になる感覚があるかと思います。

上半身と下半身は背骨を通ってつながっています。上半身のポジションを整えることで、骨盤周りから脚にかけての姿勢にも好影響を与えます。
姿勢は骨格を支えている筋肉が作ります。筋肉は普段の意識づけから鍛えることが可能です。歩くときの意識づけで姿勢補整、コツコツ取り組みましょう。