猫背ケア
テーマ:猫背ケア

腰痛予防も猫背予防も「股関節から曲げる」

立った状態で、テーブルにあるものを取る時、腰から曲げますか?股関節から曲げますか?腰から曲げてしまう、という方、実はその動作ぐせが猫背姿勢をより悪化させているかもしれません。

腰の骨である腰椎は背骨の一部です。つまりいくつもの骨がつなぎ合わさってできた関節です。背骨は上体の支えになっている柱の役割を果たしているので、大きな曲げ伸ばしには適していません。腰を曲げると、その複数の骨の間の1つ1つが圧迫され、腰の筋肉に大きな負荷がかかります。その負荷とバランスをとろうとして、骨盤は後ろに倒れます。猫背姿勢が余計に悪化してしまいかねません。

また、腰の筋肉に急激な負荷がかかるため、神経が圧迫されたり、筋肉が故障を起こして腰痛を引き起こす原因にもなります。

前にかがむときは、背筋がまっすぐ維持したまま、股関節から曲げるように意識しましょう。股関節は脚と骨盤をつなぐ大きな関節で、動く範囲も広いので腰よりも負荷に耐えることができます。ヒップや太ももの後ろ側の大きな筋肉を使って重心を支えるので、筋肉を傷めるリスクも少なくなります。姿勢も整い、一石二鳥です。