猫背ケア
テーマ:猫背ケア

脚組み座りは猫背へまっしぐら

女性に多い、脚組み座り。脚の歪みだけでなく、猫背を引き起こしやすい座り方です。

脚を組むとヒップがペタッと座面に着いてしまいます。骨盤が後ろに倒れた骨盤後傾の状態になっています。試しに脚を組んでいただくと、骨盤を立てるのは相当難しいのが分かると思います。

脚を組んでしまう理由は骨盤周りの筋肉の左右のバランスが悪くなっている、椅子の高さがあっていない、など考えられますが、太ももの裏側とヒップの筋肉が衰え、座面で受け止めている重みに耐えられなくなるためとも考えられます。

ヒップや脚の裏側の筋肉を適度な運動で鍛えることも大切です。それと同時に、普段から坐骨で座り、正しい姿勢をとる意識をすることも、脚組みをしたくなるようなヒップや太ももへの過度な負荷を軽減してくれる近道です。 脚を組みそうになったら、骨盤を立てて、坐骨で座る姿勢を意識しましょう。また1時間に1回を目安に立ち上がって休憩をとることを心がけましょう。