猫背ケア
テーマ:猫背ケア

立ち座りの動作で猫背改善

日中は座っていることの多い現代人。実は座る瞬間・立つ瞬間の動作に、姿勢維持のクセ付けのチャンスがあります。座る時に腰を曲げてヒップをどしっとを降ろしてしまうと、骨盤が後ろに倒れ、背もたれにもたれた姿勢になりがちです。

まず、背筋をまっすぐ伸ばした状態で腰ではなく「股関節」からお辞儀するように上体を倒します。この姿勢で、骨盤が立ち、坐骨が座面に下す準備ができます。そして骨盤そのものをそのまま降ろすように座面に座りましょう。自然と骨盤が立った座り姿勢がスタートできます。立ち上がる時も同じ要領で、上体をお辞儀するように倒し、股関節を曲げ、骨盤自体を持ち上げるイメージで立ちましょう。太ももの力をしっかり使えるので、膝への負担を軽減できます。

動作の始まりは、姿勢の始まり。ちょっと気をつけるだけで猫背改善の入り口、作っていきましょう。