猫背ケア
テーマ:猫背ケア

背筋を伸ばすのではなく「骨盤を立てる」

「姿勢を正して」と言われたら、一生懸命、胸を張って背中で力んでいませんか?緊張をキープできている間は、姿勢が良くなったように思いますが、力を抜くとあっという間に元に戻ってしまいますね・・・。
背筋を伸ばす、という意識をすると筋力を無駄に使ってしまい、維持する難易度が上がります。背中や肩の筋肉が緊張し続けることで、逆にコリや痛みなどの故障も招きかねません。

姿勢を正すときは「骨盤を立てる」ことを意識してみましょう。
上半身は背骨を柱に支えられています。その柱と下半身をつなぐ骨盤は、背骨の土台になりながらも、脚に向かって下に伸びる軸を形成する役目も果たしています。

立つ時は、まず肛門を引き締めて上にあげるイメージをします。すると骨盤底筋群が整い、骨盤が前後どちらにも極端に傾くことなく、姿勢を維持している背中周り、お腹周りのインナーマッスルに自然と負荷がかかります。
座る時も、肛門を引き締め、骨盤を立てて脚の付け根の「坐骨」で座るようにしましょう。

ちょっとした意識づけ、わずかな動きだけで出来る姿勢補整。ぜひ普段の生活でトライしてみてくださいね。