猫背ケア
テーマ:猫背ケア

猫背の弊害(内臓編)

その便秘、猫背姿勢のせいかも?
実は体の内部、私たちの生命活動をコントロールしている「内臓」の調子にも、姿勢は大きな影響を及ぼします。
肺の下の横隔膜から、骨盤の底面の骨盤底筋群までのスペースに内臓は収まっています。
正しい姿勢が取れているときは、このスペースが縦に伸び、容量を確保できます。またお腹の前面を支える腹横筋がしっかりと筋力を発揮します。内臓はきちんと縦に収まり、腹横筋が支えてくれます。

ところが猫背姿勢になると、前に傾いた横隔膜と、後ろに傾いた骨盤底筋群にはさまれたスペースは圧迫されます。容量が減ったスペースに内臓が並ぶため、お互いに押し合ってしまいます。風船を上からつぶしたら前に飛び出るイメージです。内臓の中を通る消化した食物なども、詰まってしまいます。
腹横筋もゆるんだままになるので、支える力が弱くなります。内臓の働きはインナーマッスルがしっかり動いて刺激してくれるのも大きな助けになるのですが、その機能も衰えてしまいます。
内臓がいきいきと動く状態を保つためにも、しっかり縦に収まるスペースを確保できる正しい姿勢を意識しましょう。