猫背ケア
テーマ:猫背ケア

骨盤底筋群と体幹筋肉

美しい姿勢を考えるには、おなか周りを取り巻くインナーマッスルについて正しく理解する必要があります。
上半身は肩、胸、首などを多くの骨と筋肉が構成しており、姿勢を保つ骨組みが密接にできています。
ところが下半身は肋骨と骨盤の間に、背骨の一部、腰椎1本だけで支えています。
この間にたくさんの内臓を抱え、姿勢を維持しなくてはいけないため、おなか周りの深部にあるインナーマッスルがその役割を果たしています。

  • 多裂筋(たれつきん):背骨を支える筋肉
  • 横隔膜(おうかくまく):肺の下で呼吸をコントロールする筋肉
  • 腹横筋(ふくおうきん):内臓周りをコルセットのように支える筋肉
  • 骨盤底筋群:内臓周りを下から支える筋肉

これら4つのインナーマッスルがバランスよく働きあって、姿勢を維持し、内臓を正しい位置に維持しているのです。