おしりケア
テーマ:おしりケア

座っていると痛い、を強いヒップ筋ではねかえせ!

椅子に座っていると坐骨が当たって痛くなってくる、ヒップが圧迫されて辛い、という方。ヒップの筋肉の衰えが原因かもしれません。

ヒップには人体の中でも上位の大きな筋肉が集中しており、歩行から姿勢保持まで土台を支える機能を果たしています。加齢や運動不足などにより、骨盤周りから太ももに至る骨を守るヒップの筋肉が衰え、薄くなってしまいます。

脂肪や皮膚のセラミドなどは、どうしても加齢により落ちてしまうものです。ただ、筋肉については適度に鍛え続けることで、維持・強化をすることが可能です。高齢になっても鍛えれば筋肉は増強できるという研究結果が近年、多数発表されています。

ヒップの筋肉を常に意識して、なるべく階段を昇り降りしたり、歩行時も骨盤を立ててヒップから太ももの裏側の筋肉をしっかり動かすようにしましょう。

また、座りっぱなしもヒップ周りの血流を抑制し、筋肉を衰えさせる一因になります。座り仕事が長い方は、こまめに休憩を取り、立って体を動かしましょう。