おしりケア
テーマ:おしりケア

スポーツとヒップと骨盤底筋

歩行や立ち座りなどの普段の動作だけでなく、スポーツをする上でも、ヒップは重要な筋肉です。

スポーツの動作は、ボールを受けながら足を踏ん張ったり、飛び上がって着地したりといった下半身に急激な負荷がかかるものが多く、そこでヒップは衝撃を吸収し、上半身と脚をしっかりと維持する役割を果たします。

体の前側の筋肉ばかりを使う猫背姿勢では、ヒップの筋肉は衰えてしまい、この土台と緩衝材的な機能が弱まってしまいます。膝や腰などに故障を起こしやすい場合、下半身の後ろ側やヒップの筋肉がきちんと使えていない可能性があります。

いつまでも故障知らずの体を手に入れるためにも、ヒップの筋肉を意識して鍛えましょう。また、骨盤のポジションが後傾していると、ヒップの筋肉は衰えがちです。きちんと骨盤底筋群、肛門周りの筋肉を引き締め、骨盤と肋骨のポジションが水平に保てるインナーマッスル強化へと導きましょう。