おしりケア
テーマ:おしりケア

スクワットは膝ではなく股関節から曲げる

ヒップのトレーニング、といえばスクワットが思い浮かぶ方も多いかもしれません。しかし、このスクワット、やり方を間違えるとヒップが鍛えられるどころか、脚が太くなってしまうリスクがあります・・・。

スクワットをするとき、特に筋力の弱い女性は、脚を大きくハの字に開き、土台を安定させるのが基本です。閉じた状態だと負荷が支えきれず、ぐらついてしまいます。

次にどこから曲げるか、が非常に大事です。

膝から曲げてしまうと、下半身の重心が前側にかかります。膝で体重の負荷を受け止めることになるので、故障を引き起こしやすくなります。また、太ももの前側に負荷がかかるため、いわゆるししゃも脚になってしまいます。ヒップや太ももの後ろ側には負荷がかかりづらいのでヒップアップの効果は狙えません。 まず股関節をしっかり90度以上曲げ、おしりを後ろに引いて突き出すようにゆっくり下すようにしましょう。膝の位置がつま先から出ないようにします。体重の負荷は太ももの後ろ側の筋肉、ヒップの筋肉にかかり、エクササイズ効果が期待できます。