おしりケア
テーマ:おしりケア

ガードルは全能でない!

垂れたヒップを何とか引き上げたい。その思いを手っ取り早く叶えてくれるガードルなどの補整下着。世の中にはたくさんの補整下着があり、ここ数年の美尻ブームにより、バリエーションも豊富になってきました。

補整下着を履くと、普段何気なく崩れてしまっていた骨盤周りのポジションや姿勢を整えられ、くせづけをするという点では意義はあります。垂れたヒップの脂肪や筋肉を支え、持ち上げてくれる構造で、物理的には体形の悩みを解消してくれるように思われます。

ただし、補整下着のデメリットも理解をしておくことが大切です。

パワーネットなどでぴっちりと圧力をかけて整えるため、必然的に本来筋力を発揮してほしい筋肉の動き自体を制限してしまい、筋肉の衰えを助長してしまうリスクがあります。また、締め付けることで血流が悪くなり、冷えやすくなり、皮下脂肪がさらについてしまうことも。

姿勢のポジションを覚えるために、短時間、補整下着を履いてみるのも一つの方法ではありますが、やはり最も大事なのは「自分の筋肉で正しい姿勢を維持できること」。筋肉は何歳からでも鍛えれば増やすことができ、強化することができます。

自分の筋肉は一番の補整下着。骨盤周りのエクササイズ、普段から骨盤を立てる姿勢の意識と維持などで、筋肉を鍛えてナチュラルで美しいボディラインを作りましょう。