おしりケア
テーマ:おしりケア

日本人と欧米人のヒップの違い

ヒップが扁平気味で下腹が出やすい日本人。ヒップが上がったスタイルの欧米人。この違いは「骨盤の傾き」と「重心」の違いからくるといわれています。

さかのぼれば日本人は前かがみで作業する農耕民族。前の筋肉をより使うので、重心も前に寄りがちです。かたや欧米人は騎馬や徒歩で駆け回る狩猟民族。上体を起こした体勢で瞬間的にパワーを発揮しなくてはいけないため、後ろ側の筋肉や体幹が強いのが特徴です。

日本人は重心が前にあり、、骨盤が後傾しやすく、猫背になりやすいのです。ヒップの筋肉もあまり使わないため、扁平気味になりがちです。

かたや欧米人は重心が後ろにあり、骨盤は前傾気味で、胸の張った反り腰になりがちです。ヒップの筋肉も発達した太ももの後ろ側と連動してぐっと上がり気味です。

ただし、単純に骨盤が前傾していればヒップの見た目が良くなるからOK、とは言い切れません。特に体の後ろ側の筋力が弱い日本人が骨盤前傾で反り腰の姿勢になると、腰回りが圧迫され、腰痛を引き起こしやすくなります。

まずは姿勢を保つインナーマッスルと、脚からヒップにかけての後ろ側の筋肉をバランスよく鍛えることが大切です。