おしりケア
テーマ:おしりケア

骨盤底筋群とヒップの筋肉

骨盤底筋群とヒップの筋肉(臀筋)。一見遠いように感じますが、実は深い関係があります。

骨盤底筋群は文字通り「骨盤の底」を支える筋肉群。
適度に引き締める筋力があることで、骨盤の中の内臓を支える役割を果たします。

内臓を支えるポジションは骨盤周りが前後・左右に傾きすぎず、立った状態。
ヒップの筋肉は、骨盤周りが立った正しい姿勢で、きちんと筋力を発揮します。

骨盤が前に傾いた状態だと、ヒップが後ろに突き出し、ヒップの上部の筋肉だけ過度に緊張がかかることになります。
骨盤が後ろに傾いた状態だと、ヒップが垂れ下がり、ヒップの筋肉群はゆるんで衰えてしまいます。