おしりケア
テーマ:おしりケア

骨盤の傾きとヒップの位置

骨盤は寛骨、仙骨、腸骨などの骨の組み合わせでできています。骨同士をつなぎ合わせている「仙腸関節」はわずか数ミリしか動かない関節。その微妙な動きで立ち座り、歩行などの動作を支えています。
骨盤自体がそののわずかな動きしかしないため、「骨盤がゆがむ」という表現は、実はあっているとは言えません。
骨盤周りの筋肉の筋力の不均等で、前後・左右への「骨盤の傾きすぎ」が問題になるのです。

骨盤が前に傾いた「骨盤前傾」の姿勢は、一見すると姿勢が伸びた良い姿勢に思われますが、反り腰になって腰の関節を圧迫したり、ヒップが極端に突出した「出っ尻」の状態になります。

骨盤が後ろに傾いた「骨盤後傾」の姿勢は、いわゆる肩甲骨の間が空いた猫背姿勢を引き起こします。骨盤とともにヒップの筋肉がゆるんで後ろに傾くので、「垂れ尻」になりがちです。

左右どちらかに傾きが強い場合、背骨がゆがむ側弯症を引きこしたり、腰痛にもつながります。左右のヒップの筋力も不均等になるので、当然大きさも不揃いに横に張ります。

骨盤が傾きすぎず、適度に立った姿勢が保てることが、全身の健康やヒップラインには重要です。