尿漏れ対策方法
テーマ:尿漏れ対策方法

尿漏れしやすい飲み物とは?

尿トラブルを抱えている場合、膀胱の粘膜が弱くなっている可能性があります。

弱くなった粘膜は刺激に対して過度に反応してしまいますので、日常生活の中でできるだけ膀胱を刺激しないことが大切です。

ここでは膀胱を刺激する成分や、飲み物の種類をお伝えしますので、できるだけ摂取するのを控えるようにしましょう。

膀胱の天敵となる刺激物とは?

膀胱の粘膜を刺激する天敵のような成分や飲料があります。

天敵その1「カフェイン」

・コーヒー
・緑茶
・ウーロン茶
・紅茶
・コーラ

上記の飲み物にはカフェインが含まれます。
カフェインは眠気覚ましの興奮作用や自律神経を高めるような働きもあるため、好んで摂取されることが多いかと思います。

天敵その2「炭酸」

炭酸も膀胱を刺激する可能性があります。
炭酸もカフェインも利尿作用がありますので、飲むほどにトイレに行きたくなってしまう効果もあります。

天敵その3 「アルコール」

アルコール類も尿トラブルをさらに悪化させるおそれがある飲料のひとつです。
特にビールはアルコール類も中でも水分量が多く、炭酸が膀胱を刺激して尿意を促します。
さらに赤ワインも尿道を締める伝達を鈍らせるチラミンという成分が含まれていますので、尿トラブルの悪化につながります。

他にもあった刺激物のいろいろ

飲み物の他にも刺激物はたくさんあります。

チーズやチョコレート、バナナ、アボガド、ヨーグルト、鶏レバー、たらこ、すじこなどにはビールや赤ワインに含まれるチラミンが多く含まれています。

ほかにも酸っぱい系の酸味が強い食べ物、オレンジやレモン、トマトなどにも気をつけましょう。

何を飲んだらいいの?

膀胱に刺激がある飲み物を紹介しましたが、では何を飲んだら良いの?と疑問に思うかもしれません。

次に膀胱に刺激の少ない飲み物を紹介します。

・麦茶
・ミネラルウォーター
・ノンカフェイン飲料
・ハーブティー

などがおすすめです。
ここまで色々とご紹介しましたが、あれもダメ、これもダメと制限してしまうとストレスがかかってしまいます。
決して一切摂取しないでくださいという訳ではありません。
まずは飲む量を調整してみてください。

お酒がお好きな方で特にレモンサワーが好きという方は、柑橘類、アルコール、炭酸ともっとも尿トラブルに影響の高い飲み物ですから、まずはハイボールに変更してみてください。

尿トラブルは摂取する水分、つまり何をどれくらい飲んでいるのかによって影響を受けています。
こういった情報を知ることで、ご自身も生活習慣を適度に調整していきましょう。

*参考文献
・自分で治す!頻尿・尿漏れ 関口由紀著 洋泉社
・頻尿・尿漏れを自分で治す方法 関口由紀著 平原社