尿漏れ対策方法
テーマ:尿漏れ対策方法

排尿日誌をつけましょう

尿漏れはトレーニングだけが解決方法ではありません。

日常生活を見直すことでも改善することができるのです。

ここではどのような日常生活が尿漏れに影響を与えているのか、そしてどのような対策をすると良いのかをお伝えします。

尿漏れに影響を与える生活習慣とは?

①水分量が多い

そもそもの話ですが、水分の摂取量は尿の多さに影響します。
自分がいつもどれくらい水分を摂取しているのかを把握している人は意外に少ないのですが、この水分量を調整することで尿漏れの改善につながります。

②トイレに行く回数を減らす

1日にどれくらいトイレに行っているでしょうか?
あまり尿意をもよおしていない状態でトイレに行くと、膀胱や脳が慣れてしまい不用意にトイレの回数が増えてしまうのです。

③気分的なストレスを減らす

例えば電車や会社といった特定のときにトイレに行きたくなるという場合は何か気分的にストレスを感じている場合があります。
まずはそれを把握するだけでも十分です。
そのストレスを自分で理解することで気分が楽になります。

自分の排尿パターンをカンタンに理解する方法

生活習慣を見直すきっかけには、客観的に自分の行動を見ることが大切です。
客観的に自分を俯瞰してみることで、どんなときに漏れやすいのか、どれくらい水分量をとっているのかという自分の生活パターンが見えてきます。

生活習慣を客観的に捉えることで、意識が芽生えます。
この意識はとても大切な要素です。
意識とは、脳がそれをイメージし、生活習慣を正そうと働くからです。
まずはカンタンな形で結構なので、排尿日誌をつけてみましょう。


参考文献:おしっこの本 大河原節子著 三一書房