尿漏れチェック
テーマ:尿漏れチェック

骨盤底筋の緩みと衰えをセルフチェックで把握しましょう

骨盤底筋は女性にとって重要な筋肉です。
体型や姿勢の保持にも影響しますし、妊娠・出産にも大きく関わります。
そして加齢によって年々弾力性が失われてしまいます。
自分の骨盤底筋がどれくらい衰えているのかまずはセルフチェックで把握しましょう。

あなたは大丈夫?骨盤底筋の衰えチェック15問

このセルフチェックは、3つの項目から骨盤底筋力についてのチェックを行います。
該当すると思った箇所の数を覚えておいてください。

【生活習慣から骨盤底筋をチェック】

□運動する習慣がない
□長時間座っていることが多い
□座っているときにひざが開いてしまう
□座っているときにきづくと猫背になっている
□片足で30秒以上立つことが難しい

【体型や経験から骨盤底筋をチェック】

□お尻がたるんできた気がする
□下腹がぽっこりと出てきた
□閉経を迎えた
□妊娠・出産経験がある
□妊娠中や出産後、尿漏れを経験した
□35歳以上で第一子を出産した

【排尿・排便からチェック】

□咳やクシャミをすると尿がもれることがある
□便秘がちで、トイレでいきむことが多い
□残尿感を感じることがある
□急に尿意に襲われることがある

☑チェック項目が0個の方は

骨盤底筋の筋力をしっかり維持しています。
今のところ、あなたの筋力は衰えていないようですね。
とても素晴らしいです。
でも、決して油断はしないでください。骨盤底筋は年々衰えてしまいます。
今の筋力をそのまま維持できるように生活習慣をしっかり整えていきましょう。

☑チェック項目が1~3個の方は

骨盤底筋がダメージを受けて衰え始めています。
まだ、大きなダメージは受けてはいないようですが、チャックリストで1つでも該当するものがあれば、衰えは始まっていると考えましょう。
このまま何もしなければ、加齢によって骨盤底筋は衰えてしまいます。
まだ大丈夫と油断せずに、今から骨盤底筋トレーニングを行いましょう。
この頃の尿漏れは十分にトレーニングで改善することが可能です。

☑チェック項目が4~6個の方は

骨盤底筋は衰えています。すぐに骨盤底筋トレーニングを始めましょう。
骨盤底筋の状態は、既に衰えていると言うことができ、筋肉が伸びて緩んでしまっています。姿勢や内臓を支える力が低下しているため、すでに肩こり、腰痛、下腹ぽっこり、尿漏れなどの症状が顕在化しているのではないでしょうか。
そのまま放置すると筋肉はどんどん衰えてしまい、日常生活に支障が出ることも起こり得ります。
ここで諦めてはいけません。
今こそ骨盤底筋トレーニングを継続して実施することで、身体に変化を与えましょう。
ハルノアでもしっかりサポートさせていただきます。

☑チェック項目が7個以上の方は

骨盤底筋は非常に弱っており、早急なケアが必要です。
排泄機能が低下している状態ですので、様々な支障が出てきます。
骨盤底筋が伸びきって、カチカチに固まっている恐れがあります。
正しい姿勢が保てず、内臓の配置も崩れているはずです。
尿トラブルの他にも、血行不良を起こし、むくみや冷え、便秘などの症状も併発してしまいます。
7個以上にチェックした方は、医師、医療機関への相談をお勧めします。
そして、諦めてはいけません。
骨盤底筋は筋肉ですので、何歳からでも、どれほど弱っていてもトレーニングで鍛えることができます。
ハルノアのコミュニティで継続的にトレーニングを行いましょう。
骨盤底筋トレーニングツールの利用も大いにご検討ください。
日常生活の中に骨盤底筋トレーニングを取り入れ、習慣化してください。