尿漏れを本当に治したいと思うなら

皆さん こんにちは。
harunoa運営者であり、尿もれ研究家の前川竜希です 。

コロナウイルスの問題は日を増すごとに情報が拡散し、日常生活での対応を企業がガイドラインを出し始めるようになりました。
肝心な国の対応が、日々変化する中、個人への対応はリスクマネジメントであり、個人の自己判断に任せるには少し大きな問題ではないかと思ってます。
コロナウイルスに関しては、人から人へ感染しますので、そのリスクを減らす為にマスクを推奨したり、人が集まる場所に行くのを控えたりということです。

尿漏れに悩んでいる人にも必要なリスクマネジメントがあります。
尿漏れは色々な原因がありますが、その1つとして余り知られていない原因もあります。

「太っていると漏れる可能性がある」ってご存知でしたか?

今現在尿漏れ症状があり、肥満傾向にある方は痩せることで症状が改善する場合があります。
もちろん、原因は色々なのですが、痩せると改善する可能性の1つとして“尿道の圧迫”があります。
尿道の上を下腹の脂肪が圧迫することによって尿漏れ症状が発症する場合もあるのです。
そして、ドクターにそのように説明されても痩せようとする人は実は少ないようなのです。
尿漏れは治したいけど、ダイエットはしたくない。
現在の食生活を見直すハードルよりも、パッドを着用する方が手軽に解決出来てしまうので、改善の一歩を踏み出すことが出来ないのです。

私たちharunoaでは、無理なダイエットやエクササイズは推奨しません。
日常生活の中で出来るだけストレスなく継続出来るエクササイズや商品、サービスの開発に注力しています。

関連記事

  1. 中京大学 学生の青山さんとLifeUp可児の片桐さん

    中京大学との産学連携プロジェクト 「リハビリ施設内の尿もれ予…

  2. 14日間の骨盤底筋トレーニングを始めます。

  3. 尿もれという悩みをオープンに出来る素晴らしさ

  4. 骨盤底筋エクササイズ 広島大学との共同研究について

  5. 骨盤底筋の“引き締める力”と“我慢する力”の2種類の鍛え方

  6. harunoaセミナープロジェクト 第2弾 Fun Fen …

株式会社ドリーム
produced by 株式会社ドリーム

PAGE TOP