「膣トレ」と「尿もれ予防エクササイズ」の違い

皆さん、こんにちは。
harunoa運営者であり、尿もれ研究家の前川です。

先日、LUNA女性医療クリニックの関口理事長と雑談をしていた時のお話で、大変興味深いお話がありました。

「女性の生涯の中で、生理はどれくらいあるのか?」

という事です。
現在だと、だいたい200回くらい生理がくるそうです。

(生涯で!)

(そんなに少ないの?)

1年は12ヶ月ですから、計算上は16年換算になります。
もちろん個人差はありますし、妊娠等によって回数は違います。

でも、閉経までにそんなに時間的猶予がないということがとてもショッキングでした。
男性は年齢を重ねても精子をつくることは出来ますが、女性には限りがある。
1年1年を大切に過ごしたいと感じます。

さて、その雑談の中で、話題の膣トレに関して話が膨らみました。

膣トレとは、膣内の筋肉をエクササイズして女性力を高めようとするエクササイズで、最近女性トレーナーが普及活動されており、支持も多くメディアからも取り扱いされ始めました。

一方、尿もれが起こった場合に行うべき運動として、骨盤底筋エクササイズがあります。

膣と骨盤底筋は違うのでしょうか?

実は、どちらのエクササイズもほとんど同じアプローチを行います。

尿もれというマイナスな症状をゼロに戻す運動は骨盤底筋エクササイズと呼ばれ、ゼロからプラスに(女性らしさを追求する)するエクササイズとして膣トレという呼称のエクササイズになるようです。

不思議ですね。
アプローチは同じでも、効果を感じる表現は変わっていく。

harunoaは、骨盤底筋エクササイズをより分かり易く、効果的に行えるような商品やサービスの開発に努めてます。

私たちharunoaは女性らしく、美しい人生を過ごして頂けるよう、サポートしてまいります。

関連記事

  1. 尿もれからの開放

    私は尿もれに悩まない

  2. ハルノアは「尿もれの3大悩み」を解決します

  3. 日本初の失禁改善・予防ブランド「ハルノア」誕生 大学・医療機…

  4. 女性のライフステージと身体の変化について

  5. 開発中の骨盤底筋エクササイズクッション

    ハルノアは「尿もれの3大悩み」を解決します

株式会社ドリーム
produced by 株式会社ドリーム

PAGE TOP